補助金説明会速報!!

本日、全国に先駆けて大宮で開催された「29年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業」の第1回の説明会に出席してきましたので、速報をお送りします。
通称エネ合と呼ばれる経産省省エネ補助金は今年で20年目。
第一回説明会となる大宮会場は定員2500人が満席。このあと全国11会場で開催されますが、北海道では22日に開催予定。

今年は、従来の①「工場・事業場単位での省エネルギー設備導入」に加えて、昨年の革命的生産性向上補助金と同様の②「設備単位での省エネ設備導入補助金」が新設され、総額で234億円の予算内で執行されす。
は相当大きな規模の工場・施設が対象で手続きも複雑で準備期間も必要なため、ここでは②について解説します。①を狙いたい方は急ぎお電話ください。

「設備単位での省エネ設備導入補助金」
応募資格: 中小企業、大企業、個人事業主、法人(医療法人、学校法人も可)、自治体(公共施設可)。※ほとんどすべての法人・団体が対象。
対象設備: LED、空調、ボイラー、冷凍庫、変圧器、給湯器、産業用モーター、コジェネ、ヒートポンプ、低炭素工業炉の10種設備の交換改修。
補助率: 対象設備費の1/3

上限額: 一事業所当たり3,000万円(設備費9,000万円)まで。
下限額:50万円(設備費150万円)以上。 中小企業・個人事業主は30万円(設備費90万円)以上。

公募期間: 5月25日から受け付け開始。6月26日12:00必着。 ※早いもの勝ちではなく26日までに到着したものから公平に審査。

申請手続き詳細はSIIで確定作業中。5月24日までに「申請の手引き」を公表。申請用ポータルサイトも5月25日からオープン予定。

昨年の制度との主な変更点は、対象からEMSがなくなりコジェネを追加。照明で昨年は許可されなかった事業所内の屋外照明も対象に。
※スキー場のゲレンデ照明も対象となります。

面倒な申請手続きは、三者見積もりで決定した販売業者が申請代行を行うことが可能に。IDパスワードも代行者に付与。SIIからの問い合わせも事業者ではなく直接代行者にすることが可能。

具体的にいますぐすることは、まず、申請したい設備を決定して3者見積もりを依頼。※見積もり依頼の仕様書もチェックされます。

詳細は「申請の手引き」が出るまで不明ですが、25日のポータルサイトオープン前に登記簿謄本、設備仕様書、配置図面、三者見積書などを準備しておきます。

採択決定前に発注すると失格となり、見積もり有効期間にも注意が必要です。
※あかりみらいでは三者見積もりのお手伝いもします。

あかりみらいでは5月22日の札幌での説明会では間に合わないみなさまのために、緊急補助金セミナーを開催します。

明日5月12日(金)13:00から札幌産業振興センターセミナールームで北海道で最初のセミナーを開催。
5月17日、23日、31日の4回を予定していますので、今年度の設備改修を予定している方は急ぎお問合せください。

のんびりしているとチャンスは通り過ぎてしまいます。
ご遠慮なくいますぐお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です